2017年1月16日 shotom 0Comment

不調には、必ず始まりがあります。10年掛けてできてきた不調もあれば、1年で起きるものもあります。不調と感じるタイミングも様々ですし、どこまで治りたいというのも、様々です。それぞれの状態に合った最短の解決策を見つけて、それを提示するのがコアフローのセッションを受けていただいた時に最初にやることの一つです。

初めてのセッションに一緒に受けることをお勧めしているリーディングでは、今ではほとんどの不調についてそのきっかけとなる出来事を見いだし、その後の回復、解決の道筋を示すことができます。これまで何千人の問題を解決してきた経験から、お話を伺っていると解決法が自然と出てくるようになりました。

リーディングというと、慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、通常とは違った視点から自分の特徴をとらえてみることで、これまで見えなかったことが見えてくることもあると思います。たとえば、リーディングでは物事がうまくいく名前の書き方をアドバイスしています。名前の書き方を変えるだけで、人生が大きく変わることもあるのです。

さて、コアフロー・セラピーの施術には、二つの柱があります。

一つ目の柱は、『不調をなくす』ことです。

不調によりからだが痛む、生活に支障がある場合には、それを改善することが急務となります。急性、慢性にかかわらず、症状を早急に解決することは直接的に求められる部分です。

コアフロー・セラピーには、全身の不調をなくすためのいろいろなメソッドが用意されています。筋肉や骨の状態、内臓の状態、からだの冷え、古傷など、普通ではカバーしきれない領域まで、痛みや苦痛を伴わない施術法で速やかに解決することができます。

二つ目の柱は、『不調の原因を取り除く』ことです。

なにかからだに異変が起きるときには、その前の段階で体内に異変が起きて、からだが対応しきれなくなってきて最終的に症状として出てきます。症状を収めることももちろん重要ですが、その原因を取り除くことは再発を防ぐ、あるいは症状の激化を防ぐために必要なことです。コアフローでは原因を取り除くことは、症状を抑えることと同じくらい大切なこととして捉えています。

たとえば、膝や足首の症状であっても、原因は骨盤だったりすることはよくあります。その場で膝の痛みが取れてもその後にまた症状が繰り返すのは、元となる症状が解決していないからです。骨盤の方には痛みがないために根本の原因に気づかず何度も痛みを繰り返してしまうということがあります。

また、幼い頃に起きたことが原因で症状が何十年後に出てくるということもよくあります。こうした場合には、特殊な方法でからだの衝撃の記憶をさかのぼり、いつ頃に大きな衝撃が起きたかを探ります。そして、たとえば3歳の頃に落下するなどして背中を強打したとか、そのような記憶が出てきたら、そのときの衝撃による緊張をほぐすのです。そうすると現在の症状が変化して、慢性的な症状が収まるようになります。

これまでの10年あまりの施術経験から、多くの症状について、その場でリーディングをしながら、あるいはからだに触れながら原因を知ることができるようになりました。単にからだのことだけでなく食生活など体を取り巻く環境、精神的な事柄や、生活上のサイクルなども不調に関わっていることがあります。総合的な視点で不調の原因を見極めて最適な処方をお伝えしています。

コアフローも、新しく始まったナノフローも、根本からからだや意識を変えて問題を解決したいという方に適しています。実際に通われた方は、からだはもちろん、精神的にも変化が起きて、より自分らしい人生を送れるようになっています。

一通りのセッションが終わってしばらくしてからよろこびのメールをいただくことも多いです。そんなときには、信頼していただけて、私も最高のセッションを提供できて、本当によかったなあ、と思うのです。