2017年2月5日 shotom 0Comment

あなたは、お腹が空いたときに、どんなことを考えますか?

ケーキ食べたいとか、カレー食べたいとか、考えていませんか?

実はそれが、根本的なやせない原因なのです。

今日は、やせたい人のために、いつでもどこでも好きなようにやせられる、最も簡単な方法を教えます。

そんな方法があるなんて信じられない!といわれます。 
私もこの方法を思いつくまでは信じられませんでした。

でもこれで、面白いほどやせられます。あっという間です。人間のからだは、本当にすばらしいな、と思います。

その仕組みと方法を教えます。簡単です。

からだは食べ物を食べると、それを体内で消化・吸収して、エネルギーに変えて、残ったものを体内に貯蔵します。その後、時間が経って、おなかが空くと、また食べ、食べたものを消化・吸収してある程度貯蔵する、というプロセスを続けます。ここまでは普通ですね。しかし、人間の代謝能力は年齢と共にどんどん下がっていきます。好きなように食べて、貯蔵して、ということを続けると、いつしか太ってくるわけです。

この流れを意識の力で変えることができます。

まず、自分のからだをチェックして、どこが太っていると思うのか、どこをどう変えたいのか、ということを明確にします。場所はお腹でも二の腕でも顔でもどこでもかまいませんが、はっきりとからだが変わった後の状態をイメージできるようになっておくと変化が早いです。

そして、空腹になるのを待ちます。

お腹が空いたら、このように意識します。

「おなかが空いているのは、自分のからだにエネルギーが足りなくなってきているからだ。そのエネルギーは、新たに食事から補給するのではなく、自分のからだの一部(さきほどイメージした部分たとえば腰回りなど)からエネルギーを作り出して使おう。」

そして、一時間以上経過してから食事をします。

以上です。簡単ですね。

人間のからだは、本当によくできています。自分がどこからエネルギーを得るのか、毎日、選択できるのです。これまでは、おなかが空くと、ご飯を食べる、という選択をしてきました。しかし、その流れを変えて、お腹が空いたら、まず自分のからだにある余剰の構成要素(脂肪など)をエネルギーに変換するように”選択”するのです。これを繰り返していくと、からだは自然に、体内の余剰の構成要素からまずはエネルギーを生成するようになります。結果、好きな場所を好きなだけやせることができるようになります。

この方式でからだを調整すると、リバウンドは起きません。からだにとっては、元から備わっている通常のエネルギー代謝の選択肢の一つなので、そのシステムをもう一度起動するというだけです。

たった一つの条件は、毎日、”おなかが空く”状態になるということだけです。これがないと、体内のエネルギー生成の新しい選択をすることができません。お腹が一杯の時に選択しても、全く効果はありません。

どれくらいの速度でやせるのか、それは、どれくらい頻繁にお腹が空いた状態になるかによります。一日一回か、三回かで、多くおなかが空いたと感じれば、その分、やせるのは早くなります。一日一回、しっかりとお腹がすいた感覚が作れて、そのときにしっかりと体内の余剰の構成要素からエネルギー生成を意識することができれば、やせることは簡単にできるでしょう。毎日意識する、というのがとても大切です。コンスタントに選択することで、からだのエネルギー産生に効果的に変化をもたらすことができます。

このやりかたは、通常のダイエットと違って、食べ物を制限する必要もなく、お金もかからず、リバウンドもありません。今から始めることができます。気になる方はぜひ試してみてください。