2017年12月30日 shotom 0Comment

糖質を減らして脂質を増やす生活が2、3ヶ月続くと、顔が細くなって全体的に軽く動きやすい状態になったのですが、一つだけ困ったことがありました。脚や腕もやや細くなってきたのです。これは筋肉が落ちてきているかなと思い、タンパク質を補おうと考えました。

もともとからだを動かす仕事ですし、たまにしっかりからだを動かして汗をかくのが好きでしたので、脚などが細くなるとは思っていませんでした。軽い感じで悪くはないのですが、それでもしっかりとした軸を保とうとすると、もう少し太い方が安心できますし、このままやせていくのを何もせずに見ている訳にもいきません。

一般に糖質制限では、一日に食べるタンパク質量を体重1キロあたり1グラム位がよいとしています。すると私の場合は58グラムのタンパク質を摂っておくとよいということになります。まずはそこまで体調を見ながらやってみようということになりました。

現状のタンパク質摂取を分析するために、その頃一日に食べていたものからタンパク質量を計算すると、衝撃の結果がでました。一週間分の一日平均でわずか14グラム程度でした。糖質制限で推奨される量の4分の1にも満たないことが分かりました。

思わず、それは筋肉減るでしょ!と自分で突っ込みを入れたくらい圧倒的に足りてませんでした。

それからは、いろいろと豆製品を食べ、筋トレをやったりしてなんとか筋肉を戻そうとしましたが、なかなか筋肉がついてきません。体調はよいのですが、筋肉が太くならないのです。

一つには、このところアボカド、バナナ、トマトなど果実中心の食事をしていたので、食そのものが細くなっていたことがあります。穀類を減らしたことで果実が増えたのですが、それでも一日全体で一食分なのでたかがしれています。

プラスで頑張って豆料理を食べようとしましたが、食べるとどうも豆の密度の高さに反応して胃が固まる感じになりなかなか食べられませんでした。プロテインを摂るために一日にレンズ豆(乾燥したもの)を100グラム以上食べるのは私にとって結構大変なことでした。

豆好きな人にとっては普通なんでしょうけど、私は、鍋一杯に豆が入っているのを見るだけで、ちょっと走ってきますって感じになります。(豆を食べるとからだが密度的に動かなくなりそうなので動かしたくなるということです)

できるだけたくさん豆を食べようとしますが気を抜くとすぐに一日の豆の摂取量が減ってしまいます。好物のタルカのダルフライ(緑豆のカレー)も夜の仕事が続くと行けないまま一週間くらい経ってしまい、その間、タンパク質量は減り、からだも拮抗。というような時期を1ヶ月過ごし、とうとう豆料理からのプロテイン摂取を手放すことにしました。

豆料理の代わりに摂るようになったのがVEGANプロテインです。

プロテインは以前から少しずつ飲んだりしていましたが、一日に三回飲むようになって、衝撃的なことが起きました。綺麗にならないと思っていた皮膚がとても綺麗になったのです。30代半ばから気になっていた関節の黒ずみが全てなくなりました。年のせいかと思ってあきらめていましたが、違いました。指の関節や肘など、なんとなく黒ずんでかさっとしているのが見事に消えてつるつるになりました。

菜食20年、きちんと食べていたし元気だからプロテインも取れていると思っていましたが、足りなかったみたいです。菜食でかつあまり豆料理が好きでない方は、一度プロテイン量を把握してみることをお勧めします。

オイルも肌には関係するだろうと思っていましたが、プロテインは圧倒的でした。

そして、爪がにょきにょき伸びています。

皮膚、爪、髪は、体内でのプロテインが細胞などに行き渡ってから最後に作られます。プロテインの摂取量が日によって上下すればそれだけ皮膚や爪にも影響がでるのは考えてみれば納得のいく話です。

私はセラピストを長年やっているので、日常的に爪を整えています。少なくとも三日に一度は爪を切るのですが、プロテインを一日に三回飲むようになってから、毎日切るようになりました。毎日爪を切るなんて日がやってくるとは思ってもみませんでした。

代謝がよくなったからか、爪の表面もつやが出てきました。昔、でこぼこの爪が何故出るのか気になっていたことがありますが、これもプロテイン不足で爪まで栄養が回っていなかったからだったのかとようやく合点がいきました。

継続的にプロテインを摂ることでからだも温まりやすくなりました。筋肉量が増えたというのもあるかもしれませんが、私の場合、同時に鉄を摂っているので、血液が増えたのかな、とも思っています。人間の細胞の数は、以前は60兆から70兆と言われていましたが、最近、2013年頃の調査では37.2兆個位だろうといわれています。血液の細胞は20兆から23兆と言われますから、全細胞の3分の2近くが血液細胞であるかもしれません。その血液細胞を作るには、赤血球に必要な鉄とプロテインが必要になります。

プロテインパウダーを摂るか結構な量の豆を食べ続けるか、という選択に迫られたのですが、菜食の私にとってはプロテインパウダーを摂ることで劇的に肌と爪の改善をもたらす結果となりました。これは内側にも相当きいていると思います。

 

私が飲んでいるのはVEGA CLEAN PROTEIN(糖質0g)です。

https://iherb.co/4Y4G7mwQ

同じVEGAのSPORT PROTEIN はこれです。

https://iherb.co/5aQGSVhJ

タンパク質編その2に続く