2018年6月25日 shotom 0Comment

人は本質的に自由であり、愛と光そのものとしてこの世に生まれてきました。しかしいつしか、罪と罰に対して恐れを抱くようになり、やがてその恐れが人間の行動のほとんどに関わるようになってしまいます。

罪、つまりなにか自分の中で間違ったことをしてしまうと、それに対して罰が訪れる、という信仰めいた考えは昔から存在していますが、実のところ現実というのは「今」だけなので、罪から罰に至る因果は存在しません。すると存在しない罪と罰を眺めて恐れることは、「今」から離れていく行為ということになります。

罪と罰という因果を信念として心の内に保つことは、恐れをベースにした思考が最初にあります。人間は過去の体験から学び、体験の中でよくなかったことを恐れる傾向があります。このことは生物としてその恐れを誘発するような事柄が次に起きないようにするという防御反応なので自然なことであるとも言えるのですが、集団的な恐れの発達により罪の概念が生まれ、それに対する罰を与えることで罪を回避する仕組みとなり、それが恐れを生むという二重構造ができあがってしまいます。その中にすっぽりと入ってしまうと、いつしかそのループが頭をめぐりだし、時には自分の思考の大半を占めてしまうことさえあるのです。ですから、恐れの概念は過去の産物であるということが言えますし、時間の枠組みから離れると自然に恐れが消失していくということでもあります。(ここでは恐れと怖れを区別しています。消失するのは恐れの方であり、「こわい」という感覚の怖れではありません。)

人生山あり谷あり、因果応報、有名なものでは『沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす』など、よいことがあれば悪いこともある、現実は甘くない、というようなことを意味する言葉はたくさん残っていますが、これらは全て過去と現在、未来を複雑にリンクさせた世界での出来事を表しています。そのリンクを確率的にとらえることは可能ですが、それと人間がどのように生きるかを選択することとは全く別の話です。

完全に「今」に生きるとき、恐れは自然に消滅します。恐れは過去の記憶や経験がベースになっていて、自分が親や先生から教わったこと、本で読んだことなどから創り上げている幻想です。これまで挑戦したことのないことをやろうとしたとき、恐れが生まれるならば、それは幻想なのです。まだ起きていないことに対して、自分が望まないことが起きるかもしれないと思うと、宇宙はその実現に向けて準備を始めます。自分の意識の力はそれほどに強いのです。

「今」にフォーカスすると、まだ起きていないことには意識が向かなくなります。先の結果ではなく、今のプロセスをエネルギーを注いで楽しむようになります。

恐れのインプリント(刻印のようなもの)が強力で、そこから思考が逃れられないことがあります。なにをやっても罪の意識やもしこれがこうなったら、、、という仮定にとらわれて「今」にフォーカスしようとしてもできないことがあります。この時には恐れのインプリント自体を外していく必要があります。

その方法はいくつかありますが、私が完全に恐れのインプリントを外すことができたのは、アルケミーを使ってからです。恐れも感情のエネルギーの一つなので、それが生じた時に、あるいは最初に生じたときに遡ってそのエネルギーを完全に肉体に一体化します。すると過去の未消化のエネルギーが自分の体に浸透して恐れを乗り越えた状態の意識に変容します。

現実とは、今この瞬間に自分で創り上げているものです。がちがちの現実は、恐れがなくなると柔らかくなっていきます。今起きていない未来について過去の体験や伝聞によって恐れるというのは、複雑なおもちゃですが、人間の意識はもっと楽しいおもちゃを用意することができます。

罪と罰がなければ社会がめちゃくちゃになってしまう、と言う人がいます。しかし、真に人間が「今」に生きることを決め、恐れを手放したら、今恐れているようなことは1ミリも起きなくなります。社会がめちゃくちゃになるという考えもその恐れの中に含まれているからです。この入れ子の構造になった信仰めいたものは見た目は強固ですがなくなってしまうとどれだけ不要なものかがはっきりと分かります。

罪と罰、そして恐れは人間の本来の意識ではありません。ですから、罪と罰に恐れて利己的になったり、あるいは罪と罰を恐れるあまり自分や他人を傷つけたりすることは、その人の本質が起こしていることではなく、単なる信仰が起こしていることなのです。

私たちは生まれながらにして平和で、愛と光に満ちています。それにどんなにいろいろなものを上塗りしても、愛と光から離れることはできません。恐れにとらわれそうになったら、私はこのことを思い出します。人生に絶望しても、心が折れそうになっても、自分の本質は愛と光であり、それが一瞬も変わることはありません。

私たちができることは、「今」に生きることだけ。一生涯、「今」にあり続ける。ただそれだけです。

 

 

完全に恐れを手放して『内なる平和』を学ぶ歓びのアルケミーはこちらです。

https://www.eighthlite.com/inner-